プチ整形で目を二重にすることについて

私の両親は二重の瞼をしているにも関わらず、私だけが一重の瞼をしていて、ずっと整形をしたいと思っていました。

プチ整形で目を二重にすることについて

両親と同じ二重にの瞼に整形をしたかった

「どうしてパパとママと違うの?」と言うのは、私がまだ中学生の頃、母に整形がしたいと詰め寄ったときのことでした。私の両親は、ぱっちりとした二重の瞼をしているのに対し、なぜか私だけが一重の瞼をしていて、それをずっと疑問に感じていたのです。それは、一般的に子供の見た目とは、両親に似ているものだからです。私は自分の目を見るたびに、両親とは違っている形に疑問を抱き、この問いかけをしたのでした。さらに私は、この一重の瞼を二重の瞼へと整形したいと、母にお願いをしたのです。そのときの気持ちは、自分が両親の子供であるという自信が欲しかったのだと思います。そうして母にすがった私は、母からとても嬉しい言葉をもらうことができました。それは、たとえ見た目が似てなかろうと、それは私自身の個性であり、第一両親の子供に間違いはないのだから、瞼1つで心配する必要はないとのことでした。私はそれを聞いたとき、自分の瞼なんてどうでもよくなってしまいました。なぜなら、母のその熱心な説明に、必ず嘘はないと思ったからでした。そうして私は、整形をすることはなく、一重の瞼で生きてきたのです。私は今、あのとき整形をしていなくてよかったなと思っています。それは、母の言ってくれた、自分の個性を守ることができているからです。整形は、所詮作りものでしかなく、素顔には絶対に勝つことはできません。そうして私は、自分の一重の瞼を好きだと思うようになりました。

ピックアップ