プチ整形で目を二重にすることについて

私は整形をすることなく、自分の毎日の努力だけで、綺麗な二重の瞼を手に入れることができました。

プチ整形で目を二重にすることについて

整形に頼らなかった二重瞼

私は初めて自分専用のコスメ用品を手にしたのは、まだ小学6年生のときでした。私はまだ小学生にして、自分でお小遣いを地道に貯金をして、あるコスメ用品を購入したのです。それは、アイプチでした。アイプチとは、さらさらとした水糊のようなもので、瞼に塗って二重のラインを入れ、それを接着させることで、一重瞼の目を二重瞼に見せることのできるものです。私がそのアイプチを購入したのは、自分の一重の瞼を二重にしたかったからでした。私は、小学生ながらにしてお洒落に興味を持っていて、モデルさんなどの二重の瞼にとても憧れを抱いていたのです。二重瞼にするには、整形が手っ取り早いことはわかってはいたものの、小学生の娘が整形をすると言って、それを了承してくれる親なんて、いるわけがありませんでした。もちろん、私の両親も、整形には大反対だったのです。そこで私は、自分で二重の瞼を作ってやると思い、アイプチを購入して、毎日のように二重の瞼を作るようになったのです。これを毎日続けることで、きっと型が残ってくれるだろうと、一生懸命でした。そうして私は、中学生になってでもアイプチを続けていて、それが叶ったのは、中学3年生のときでした。私は、なんと3年間もアイプチを続け、ようやく二重の瞼を手に入れることができたのです。整形することなく、自分の努力の結果で出来た二重瞼でした。私はこれを経験したことにより、努力は必ず報われるということを勉強しました。

ピックアップ